動画制作での著作権

動画制作での著作権

動画制作での著作権 動画制作では著作権のことを知っておく必要があります。これを知らずに動画制作をすると、法律違反で罪に問われたりする可能性も十分にありますから、知らなかったでは済まされません。これは、簡単に言えば、他人が作ったものを勝手に使ってはいけないということです。動画を作る場合、その素材の全てを自分で用意したり加工したりするのが理想的ではありますが、それはある程度の腕前を持つ人であっても容易なことではありません。そのため、ネット上にあるような動画とか音楽などの素材を一部利用して制作することがありますが、これが要注意ということです。
ネット上にあるものは他人が作ったものに違いなく、それを本人に断りもなく勝手にコピーしてきて自分の動画に取り入れるのが著作権に触れる可能性があります。これは、その素材が有料で販売されているかどうかとは基本的に関係がありません。お金を払って入手したからと言って自分勝手に使うことまで認められるとは限りませんし、無料で開放されているからと言ってどんな目的にでも自由に使って良いとはならないからです。

動画制作を依頼する場合は著作権の所在について契約書に明記する

動画制作を依頼する場合は著作権の所在について契約書に明記する 動画制作の現場では、しばしば著作権の問題が発生する場合があります。これまでの例では、企業が公式ウェブサイトに動画を商用目的で掲載した場合、その作品が素晴らしければなおのことページビューが増大すると、後から権利を主張してその回数に応じて莫大なロイヤリティを請求されるなどのトラブルが発生したケースがあります。
また、何らかの事情で内容を編集したり、他の作品と繋げて転用するなどした場合に、原作からの改変を許可しない同一性保持を求められるケースもありました。
多くの動画制作会社では作品が完成して発注者に手渡された段階で著作権は発注者へ譲渡されますが、それを曖昧にしておけばトラブルの温床となりかねません。そこで、動画制作を行う前に契約書に誰が最終的に権利を保有するのか所在を確認するのはもちろんのこと、作品は同一性保持をしなければならいないのか、それとも改変や再配布は自由なのかなどを明記しておけば、トラブルを未然に防ぐ事が可能です。

新着情報

◎2023/11/01

情報を更新しました。
>ターゲット層を決めて動画制作をするとコンセプトが決まる
>動画制作で重要なのは最適なシーンを作る事
>フリーの人材を使った動画制作の手法と注意点
>動画制作は完成品の空気感が違わないように気を付ける
>広告収入を目的として動画制作を行うために

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>動画制作で求められるフリーソフトの違いを知っておこう
>動画制作で重要なポイントと結婚式などの大切な行事の場合
>動画制作を広告利用するのは世界的な流れです
>動画制作で重要となるメタ技術とはどのようなものか
>VRにも対応する動画制作と可能性の広がり

◎2022/3/7

情報を更新しました。
>用途別に複数の動画制作を発注する場合のポイント
>動画制作で参考にしたいサイトや情報について
>求人にターゲットを絞った企業向けの動画制作プラン
>動画制作のスキルは必ず将来役に立つものになる
>動画制作は安いだけで依頼して大丈夫なのか

◎2021/11/2

動画制作での著作権
の情報を更新しました。

◎2021/7/12

動画制作の契約書の注意点
の情報を更新しました。

◎2021/5/14

サイト公開しました

1人正直、動画制作って(音MADに限らず)凝ったものを作ろうとすると音楽かイラストを他から引っ張ってきたりせざるを得ない、完全オリジナルの一次創作は難しい側面もあるので、そもそも動画制作の講習会とか開こうとすると著作権的にどこかしらで問題は起きるんだよねぇ…。

動画制作における著作権©️ 並びに肖像権。 此れらの権利を侵害した場合には法的な手続きが可能。

著作権フリーBGMであなたのプロジェクトを彩ろう!あなたのビジョンをより魅力的にするためのBGMを手に入れましょう。ビートブリッジにはジャンル、テンポ、ムード、そして用途に合わせていくつかの音源が揃っています。只今、GWセール開催中!

-->